勧誘が怖いのだけど顔脱毛して大丈夫でしょうか?

ホクロがある場合、そのままの状態では顔脱毛を行うことができません。
顔脱毛をおこなうときには、レーザー等を使用して行っていくのですが、レーザーは黒い色に反応しやすい特徴があるため、ホクロのある部分に照射することにより、その部分にパワーが集まってしまうのです。
パワーが集まることで皮膚の温度が高くなりすぎてしまい、火傷や炎症の元となるため、お肌も傷をつけることになってしまいます。
とくに色の黒い部位の場合には、よりレーザーのパワーが集まりやすくなりますので、そのままの状態では顔脱毛をおこなえなくなってしまうのです。
ただし、色素の濃い部分にテープを張ることにより施術を受けることはできます。
肌に近い色のテープを張れば、その部分の色素も薄くなってくるため、パワーが集まる心配をすることなく施術を行えるのです。
シースリー 全身脱毛
また、レーザーという方法ではなく電気脱毛という施術法で毛を処理することにより、色素の濃さを気にすることもなくなってきます。
電気脱毛では、毛穴に電気を流していく方法になるため、レーザーを使用する必要がありません。
この方法であれば、色素の濃い部分であっても気にすることなく施術を行うことができますし、肌に起こる炎症や火傷といったトラブルの心配もないのです。
基本的には、色素の濃い場所にレーザーを照射することはできませんが、テープを張って施術を行ったり、電気脱毛などの他の方法を採用することで、安全に脱毛できるようになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です