借金だらけの同棲中の彼氏と別れたいがどうすればいいか

住宅ローンの滞納をすると、遅延損害金の対象になります。それだけではなく、延滞が続くとブラックリストに載り、自宅の競売をされる可能性があります。競売の金額は時価に比べて非常に低いので全額完済できる保証はありません。残った債務は引き続いて返済する必要があるのです。
住宅ローンの滞納は、このように非常に大きな問題をはらんでいます。そのため、住宅ローンの滞納が起きないように、住宅取得時から計画的に返済計画を決める必要があります。多くのハウスメーカーやデベロッパーは、住宅購入者の職業や収入などを聞き取り、住宅ローンを返済できるかどうかを見極めます。返済できない相手であれば、積極的に営業しないことも多いです。万が一競売されると、住宅地やマンションの価値が落ちる可能性が高いからです。
住宅ローンの返済額は、年収の3割が目安だと言われています。家族が多い場合はもっと堅めに見積もる必要があります。また、住宅ローンの金額は、最高でも取得価格の9割に留めるべきで、できる限りボーナス払いを併用することは避けるべきです。
消費者金融 来店不要
ボーナス払いを併用しないと毎月の返済額が多額になるため、嫌がる人が多いようですが、その金額が返済できないようであれば、最初から住宅ローンはあきらめた方が賢明です。ボーナスはいつなくなるかわかりませんし、その際にはすぐに住宅ローンの滞納に結びつくのです。実際に住宅ローンの滞納者のほとんどが、ボーナス払いの月に支払ができなくなった人なのです。
そして、住宅ローンを始めたら、万が一に備えて貯金をすることが必須です。住宅ローンの繰上返済を勧める記事が多いようですが、いざという時に貯金を取り崩して凌ぐことができなくなってしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です