敏感肌はどういう状態?

敏感肌は肌のバリア機能が弱っている状態のことを言います。これは日常生活において、生活のリズムが乱れていたり、ストレスの多い生活を送っていたり、偏った食事を行っていることが原因で引き起こされます。
バリア機能が弱っていると、肌が紫外線や乾燥などといった外部からの刺激に弱くなってしまい、肌が傷つきやすくなってしまうのです。そのため、シミやしわが出来やすくなってしまい、肌の老化現象が進んでしまうのです。
このような状態を防ぐためには、しっかりとした肌のバリアが必要になります。肌のバリアを作るためには、乱れた生活を治すことが大切です。
敏感肌にとって大切なのは、肌の細胞をしっかりと修復させることです。バリアが弱っていると、肌の細胞が傷つきやすくなっているので、しっかりと細胞を修復させないままでいると、シミを作ってしまうからです。
肌の細胞を修復させるためには、良質な睡眠を取ることが大切です。寝ている間に成長ホルモンが分泌され、これが弱った敏感肌の細胞を修復してくれるからです。またこの時に肌のバリア機能も改善してくれるために、成長ホルモンの分泌はなおさら重要に成ります。
しかし、しっかりとした睡眠を取れずに、寝不足の状態が長く続いてしまうと、肌の細胞の修復が行われないまま日々を過ごしてしまうために、肌へのダメージが蓄積してしまいます。バリアが弱いまま紫外線などの刺激を受け続けてしまうために、より一層の老化が進んでしまうのです。

マシュマロヴィーナスが効果ないって本当?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です