てんかん持ちだと医療脱毛できないのでしょうか?

医療機関でてんかんと診断された方は、残念ながら医療脱毛は不向きです。契約前の注意事項にも、てんかん患者さんは施術できないと説明されるケースが大半で、もしどうしてもと言うことでお願いしても、担当ドクターの同意書や施術中問題が起きても訴えません・・・などと誓う書類を用意させられる筈です。
実際にはてんかん患者さんが医療脱毛を行ったとしても必ず発作が引き起こされるとは限りません。ただ、本来規則正しいリズムで調和を保っている筈の大脳の神経細胞が、突然リズムを崩してしまうこの病気は、いったん発作が起きると身体が部分的につっぱったり、口から泡をふいたり激しく震え意識を失うような激しい症状に見舞われます。
身体の外から人工的な電気や光の刺激を与えることで、発作が誘発されやすくなるとの専門的な意見も多く、医療レーザー脱毛やニードル脱毛などの医療脱毛はもちろん、ソフトな脱毛方法で知られる脱毛エステティックサロンで行うフラッシュ脱毛、光脱毛も避けた方が無難です。
慎重なサロンだと、光や電気の刺激は心配ないブラジリアンワックスのお店でも万が一の事態を心配して断られてしまうようです。
実際、脱毛施術中発作が起きてしまったらベッドから転がり落ちて怪我をする恐れもありますし、本人も大変ですよね。
持病を隠して医療脱毛施術を試そうと考えている方も少なくないそうですが、ご自身の安全の為にもシェービングなどできるだけ刺激が少ない脱毛方法を選んだ方が無難です。

全身脱毛 料金

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です